平井景 プロフィル(ロングバージョン)

平井 景(ひらい けい / Kay Hirai)
-ドラマー / 作曲家 / アレンジャー / サウンドプロデューサー-

1968年4月生まれ。大阪生まれ、奈良育ち。血液型AB。

7才より電子オルガンを始め、13才でドラムスに転向。中学在学中からバンド活動を始める。5才ほど年上のプロ志向バンドにも在籍し、鍛え上げられる。

学生時代は、ロックやジャズなど、あらゆる音楽に影響を受け、ドラムスの練習にも没頭する。またキーボードのほか、ギターやベースも触り始める。

県立奈良高校を卒業後、東京工業大学への進学を機に上京。在学中から東京都内を中心にライブ活動を始める。その頃、ジャズドラマー久米雅之氏に師事。ジャズ・ドラミングの基礎を学ぶ。数々のジャズ・アワード受賞暦を持つ。

1992年大学卒業後、東京都内を拠点に本格的にプロ活動を開始。ジャンルを問わず、様々なバンドやサポート活動を経験する。

自らがリーダーとしての活動も長年に渡って続けており、1991年以来、その数は、1000回にも及ぶ。一時代を築いた今は無き名ライブハウス「六本木ピットイン」へは、リーダーライブに限っても約150回の出演。奈良の歴史的名所・天川村へは、7年にわたり毎年、「平井景グループ」として、コンサートに招かれた。

2002年以来、14年以上に渡り活動するバンドに、ピアノトリオ『秀景満』(村井秀清(Piano)、須藤満(Bass))がある。自らの楽曲も提供。多いときには年間60回の公演を精力的にこなすなど、全国的に活動を展開。2枚のアルバム『CONTRAIL』『Garden』は、TOWER RECORD、HMVなど大手CDショップのヒットチャートに上る。

2002年、トップドラマー・山木秀夫氏のアシスタントの経験から多大な影響を受ける。2003年、小野瀬健資・喜納昌也両氏に師事し、モーラー奏法を学ぶ。

2007年~2008年、市原ひかり(Trumpet)グループに在籍。全国的に精力的なライブ活動を行う。2008年『Joy/市原ひかり』をポニーキャニオンからリリース。自らの楽曲も、2曲提供。

2005年頃から、『平井景スペシャル』と題してライブ・コンサートを主宰しており、多彩な一流ミュージシャン達を率いて、全国的に展開。リーダー&作曲家として自らの音楽表現に精力を注ぐ。

2009年、自身の楽曲を収録した待望の1st.リーダーアルバム『SORA / Kay Hirai』をリリース。NAOTO(Violin)、榊原大(Piano)、村上聖(Bass)、原田芳宏(Steel Pan)を起用。CDリリース記念として、東京・原宿"QUEST HALL"では映像とコラボレーションさせた大々的なコンサートを主宰。その他、全国20ヵ所以上のツアーを敢行。

このCD『SORA』のリリースを機に、新レーベル「Bright Sun's Record」を設立、代表取締役を務める。音楽、映像、コンサートやイベント、ドラムセミナーなど、様々なアートワークをプロデュースしていく母体となっている。

2011年、コンサートDVD『平井景プレミアム IN CONCERT』を発売。 東京"ゆめりあホール"での模様を中心に収録。音楽のみならず、映像へのこだわりをも、広く世に知らしめる。

翌2012年には、信州3会場でのコンサートを収録したDVD&Blu-ray『Live Around The Mountain Side / 平井景スペシャル』を、赤川新一プロデュースでリリース。長野の重要文化財・旧制松本高校の講堂など、会場の選び方へのセンスを見せる。

さらに2010年から、『平井景ソロ・パフォーマンス』と題して、完全にドラム一人のライブを行っており、映像とシンクロさせた様々なドラミングと独自のトークで、新たなアートワークにもチャレンジ。2011年、世界でも稀なドラムだけのCD『Art Of Solo Drumming』をリリース。

   ◆◆◆

ドラマーのみならず、作曲・編曲やサウンドプロデュース、音楽制作など、活動は幅広く多岐に渡る。

2010年、音楽ライター・島田奈央子プロデュースの新しいクリスマスCD『Something Jazzy アイランド・クリスマス ~冬の休日、女子ジャズ』(P-VINE)では、全面的にサウンド・プロデュースを担当。演奏のみならず、アレンジと作曲を手がける。

また、島田奈央子とは、絵本の読み聞かせ・歌と生演奏を融合させた“読み聞かせJazzy”を、共同プロデュース。

2011年、旧友である長野・安曇野在住のピアニスト・伊佐津さゆりとの再開がきっかけで、“信州ジャズ”というコンセプトを発案し、自身のレーベル「Bright Sun's Record」から2枚のアルバム『Field』(2012)、CD『Gift』(2014)を発表。平井プロデュースの“信州ジャズ”は、伊佐津のオリジナル曲と長野ゆかりの日本唱歌をアレンジした“和”を感じる日本発の新ジャンルとして注目され、瞬く間に全国展開した。

2014年度のNHK(Eテレ)「テレビで外国語」の"EURO"(スペイン・イタリア・フランス・ドイツ語)4番組のテーマ曲の音楽担当に抜擢され、作曲・制作を行う。

また2015年度のNHK(ラジオ)「ポルトガル語入門」「まいにちイタリア語」のオープニング&エンディング・テーマおよびBGMの作曲・音楽制作も担当。

その他、これまでに、野村アセット・マネジメントや日興・五大陸債券ファンドなど大手企業のプロモーション・ビデオ、内閣府のDVD、神奈川・寒川神社のテレビCM、テレビ番組の音楽なども作曲・制作している。

アイディアとセンスに長けたプロデューサーとしての評価も高まり、2016年、トップベーシスト・平石カツミの初リーダー作『Pleasure』、同2016年、山梨在住のシンガーソングライター・ナナマリ“八ヶ岳南麓ボッサ”の新アルバム『Sketchbook』を手掛け、自身のレーベルより続けてリリースしている。

2016年10月、自らのオリジナル楽曲のスタジオ録音版としては第二作目となる、自身のリーダーアルバム『Running Man』を、満を持してのリリース。参加メンバーには、NAOTO(Violin)、榊原大(Piano)、Andy Bevan(Sax,Flute)、村上聖(Bass)、納浩一(Bass)、柏木広樹(Cello)、レコーディングエンジニアには赤川新一を起用。コンサートホールを中心に、年内10公演のリリース記念ツアーを予定している。

ドラマーとして、作曲家やプロデューサーとして、各新聞の文化面、全国音楽誌、ラジオでも紹介されることが多数あり、そのアイディアの多彩ぶりが注目されている。

→これまでに発表した作品を「ディスコグラフィ」で見る

→これまでに提供した楽曲一覧を見る

平井景 平井景 平井景 平井景 平井景 平井景ドラムセット

アーティスト写真

※クリックで拡大します。

平井景アーティスト写真1 平井景アーティスト写真2 平井景アーティスト写真3

メールでのお問い合わせ先:
mail_to_kay2017@kayhirai.com

平井景公式ウェブサイト [site-K]:
http://www.kayhirai.com/

Bright Sun's Record ウェブサイト:
http://www.brightsunsrecord.com/